青森県の津軽地方は一年の大半が雪に覆われる本州最北端の地。柴田祥は津軽に生まれ、そこに暮らし続けている写真家だ。彼が撮影しているのは表層的な美を拒絶した先にある津軽。変貌していく故郷の風景と風土を記録した作品群が、写真家・柴田祥の存在を証明している。

柴田祥/1981年、青森県旧南津軽郡碇ヶ関村に生まれる。弘前市在住。写真家。2015年、東京京橋ISLAND GALLERYにて初の個展「拝啓 死にゆく季節」を開催。その後、同ギャラリーにて個展「津鉄」(2016年)「津軽再考」(2017年)「視界不良」(2018年)を開催し、独特な表現世界が注目を集め続けている。2019年、道音舎より初の写真集となる『津軽再考』を刊行。

『津軽再考』
  • 限定600部 | 6,800円+税
  • 282 × 224mm | 112頁
  • ISBN 978-4-9909354-1-2

Events

2019.6.14 – 23
柴田祥 写真展 | 津軽再考(再構)
2019.4.12 – 14
Wonder Fotoday, Taiwan
2019.4.6 – 7
Tokyo Art Book Fair: Ginza Edition

購入する

柴田祥写真集『津軽再考』の販売を開始しました。
道音舎のウェブサイトからご注文いただけます。

書店でご購入をご希望の方は、道音舎の取り扱い書店またはお近くの書店までお問い合わせください。

Blog

津軽再考のご注文ありがとうございました。
追って、注文確認メールをお送りいたします。

閉じる